MENU

配偶者の複数カードローン利用は専業主婦にデメリットか

専業主婦がお金が必要になって、カードローンを申し込む場合は、配偶者名義での申込が一般的です。この時は本人確認の書類も配偶者の物を準備します。また審査も、配偶者の個人情報がチェックされます。ですから、配偶者が延滞や債務整理などをしてブラックが登録されていると、借りられないこともあります。
それから消費者金融を利用する場合には、総量規制に注意するようにしましょう。この総量規制は、借り過ぎを防止するためのシステムで、借入に限度額が設けられています。限度額はその人の、年収の3分の1に当たる金額です。専業主婦が配偶者名義で借入をする時は、配偶者の限度枠を利用するわけですから、事前の同意が必要になります。特に即日融資の場合は、消費者金融がメインなので注意しておきましょう。
それから配偶者が、消費者金融を複数利用しているなどで、限度額ぎりぎりまで借入がある場合は、審査に通らないこともあります。この点にも注意しましょう。また配偶者の同意を得るのではなく、内緒で借入をしたい時には、総量規制対象外の業者、あるいは銀行を利用するのがお勧めです。銀行には消費者金融と違って総量規制がなく、そのため限度額も設けられていません。また金利も消費者金融より低めです。
専業でなく、仕事をしている主婦の場合は、自分の収入がありますので、自分名義での申込ができます。もちろんこの場合は、本人確認や収入証明も自分の物を準備します。また、審査では自分の個人情報を調べられますので、もしブラックがあった場合は、借入ができないこともあります。